img1
line

img2

 

one は山口県宇部市にある小さな革小物のお店です。 line

ひっそりと佇む、隠れ家のような工房で生まれたレザーブランド 『 one 』

20歳のころ、お洒落をしたくても革製品はどこのブランドも高価で、当時の自分に買えるようなものはありませんでした。 でも、それがきっかけで『 つくる 』ことを覚え、革の魅力を知り、独学で技法を学んでから10年ほど経ったある日、シンプルなデザインにちょっとあそび心のある、オリジナルの革小物を販売する小さなお店をはじめました。

すべての工程をひとりでやっていると、大量生産はできません。なのであまり宣伝はせず少しずつ知ってもらえたら嬉しいなと、お客様のクチコミに頼ってきました。
数年経ったいまでは、ありがたいことに小学生からお年寄りまで、幅広い世代の方々に one の革小物を手にしてもらえるようになりました。

あの頃の若者が『 こんな店に出逢えたらよかったのに 』と思える、そんなお店を目指して、本日も革の小物をつくります。

one 代表 金子裕一

line

img4

 

普段の暮らしの中に、革を。 line

日々の暮らしの中でも、何気なく革小物を使って欲しいから『 one 』では出来るだけリーズナブルに提供できるように心がけています。 材料を無駄なく使い、捨ててしまうような部分も革の個性としてデザインすれば、生かすことができます。

基本的に卸し販売などは行わずに、実店舗、オンラインショップでのみ販売しています。
実店舗にこだわるのは、もちろん直接使ってもらえるお客様の顔をみて販売したいという想いがあり、 卸し販売のお話を断る理由のひとつには、少しでも価格を抑えらる方法はないだろうかと常に考えているからです。

革はあなたとともに暮らし、育っていきます。あまり過保護にし過ぎずに、多少の傷や汚れも経年変化だと思って楽しんでもらえたら嬉しいです。

line

img3

 

シンプルなデザインにあそび心をプラスする。 line

『 one 』のものづくりは、すべての工程が手仕事です。
余計な素材は使わずに、革の良さを最大限に生かします。ひと針、ひと針、想いを込めたハンドステッチで生まれた革小物には、どこかあたたかさを感じます。

金具にはできるだけ日本製を、そして革とともに経年変化していく真鍮製を選びます。

デザインは普段の暮らしに馴染むようにと、シンプルなものが中心ですが、どこかに差し色を入れたり、星を埋め込んでみたりと、思わずちょっと笑顔になれるような、他では手に入らないオリジナルのアイテムがたくさんあります。

line

img6

 

one ができるまで。 line

profaile


line


home


item

map

onlineshop

blog

mail

one

line

one

line

one

line

img5

one

line


shop
line